生活の羅針盤

筆者が実際に体験した経験をもとに『生活に役立つ参考情報』を多ジャンルで紹介する雑記ブログ

【感想】突発性難聴を治すための参考書 -突発性難聴 完全攻略マニュアル-

【感想】突発性難聴を治すための参考書 -突発性難聴 完全攻略マニュアル-

  • 突発性難聴の治療中にしてはいけないことは何か?
  • 突発性難聴を治すために工夫できることは何か?

 

突発性難聴は時間勝負の病気で、発症から1~3ヵ月後には聴力が回復しなくなります。

さらに、突発性難聴を完治させる手法が確立されていないことから、完治の確率が1/3と低いため、患者は将来の不安で頭が一杯になります。

そのため、突発性難聴を発症し、その恐怖を知ると、完治を目指すために

  • 日常生活の過ごし方の注意点
  • 自分でできる工夫

を知りたくなるものです。

かくいう私がそうでした。

 

今はネットで多くの情報を調べることができる時代ですが、突発性難聴に関するまとまった情報を入手しにくいのが実際です。

突発性難聴の患者向けの本すら、ほとんどないのが実際です。

その数少ない情報源の中、私は『突発性難聴 完全攻略マニュアル』という本を購入しました。

この本には、身近で気軽に試せるさまざまな工夫や注意点が数多く紹介されており、かなり参考になりました!

 

突発性難聴 完全攻略マニュアルの表紙

 

残念なことは、聴力の回復が止まった後に購入したことです。

時間勝負の突発性難聴において、早めの情報収集と実践が極めて重要なため、非常に悔やまれます。

そこで本記事では、同じ突発性難聴にかかった方に向けて、私と同じ後悔をしないためにも『この本から学べることと私の感想』を紹介します

 

本記事がお勧めな方

  • 突発性難聴で治療中の方
  • 突発性難聴の回復事例を多く知りたい方
  • 普段の日常で注意すべきことを知りたい方
  • 普段の日常で自分で気軽にできる工夫を知りたい方
  • 病院以外の治療法を知りたい方

 

 

突発性難聴
完全攻略マニュアルとは?

この本は、突発性難聴の治療経験が豊富な呑気堂という鍼灸治療院の先生が書かれた本です。

京都府亀岡市の呑気堂FUJII鍼灸治療院|寄り添った施術でお悩みの解消へ導く

 

この本では、著者である先生の治療経験に基づき、突発性難聴に関する幅広い情報が192ページという1日で読み終えられる文量でまとめられています

難聴や耳鳴りに関する本は数多く出版されています。

しかし、突発性難聴に焦点を当てた本は少なく、患者向けに出版されている数少ない本です。

 

大まかな掲載内容と特徴

この本の掲載内容を章別に整理すると、次の5章に分けることができます。

 

  1. 突発性難聴の原因
  2. 今行われている治療法の紹介
  3. 回復事例の紹介
  4. 日常生活の注意点と工夫
  5. 食事の注意点と工夫

 

これを見るだけでも、かなり幅広い内容に触れられているのがわかります。

ただし重要なのは、それぞれの情報量で、患者にとって一番気になるのは『日常生活の注意点や工夫』と『食事の注意点と工夫』という身近で自分でできる内容です。 

この内容がどの程度触れられているのかというと、

  • 突発性難聴の原因・治療法・回復事例が半分
  • 日常生活・食事の注意点と工夫が半分

という割合です。

本の半分が自分にできる工夫や注意点なので、患者にとって有益な情報は多いです。

 

ただし難点を正直に挙げると、読みにくいです。

文章が難しいわけではありません。

句読点の位置が悪く、文章を頭からスムーズに読みにくいんです。

そのため、文章を1から丁寧に読むのではなく、重要な部分をつまみ食いしながら読むと良いです。

それだけ意識しておけば、自分に有益な情報をサクサク知ることができます。

 

それでは、各章の内容について、私の感想を交えながら深掘りして紹介していきます。

 

内容1:突発性難聴の原因

  • 東洋医学の視点での解説が多い
  • 軽く読み飛ばした方が良い

 

著者が鍼灸治療院の先生のため、どうしても東洋医学の観点での説明に偏ります。

一応、病院で説明される西洋医学の観点での原因にも触れていますが、文量や内容は少な目です。

そして、東洋医学独特の考え方や用語が頻繁に登場するので、正直読みにくいです。

 

ただし、患者にとっては、原因よりも突発性難聴を治す方法の方が重要です。

そのため、興味が無ければ、この原因に関する説明は軽く読み飛ばしてしまい、早く後半の日常生活の工夫や注意点に進んだ方が良いでしょう。

 

内容2:治療方法の紹介

  • 東洋医学の治療法
  • 病院と並行して鍼灸治療を考える人には参考になる
  • 興味がない人は参考程度にして読み飛ばすと良い

 

一応、今の病院で行われる一般的な治療法については触れており、それに対する否定的な意見はありません。

ただし、紹介されている治療法の大部分が、病院では行わない東洋医学的な治療法です。

著者が鍼灸治療院の先生なので、当たり前と言えば当たり前です。

 

なお、鍼灸治療は突発性難聴の回復に有効と言われており、病院と並行して鍼灸治療を行う人は多いです。

そういう意味では、病院では行われない治療方法を知る1つの良い機会と言えるでしょう。

治療法も7つと数多く紹介されており、具体的な内容から期待される効果まで詳細に書かれているので参考になるでしょう。

ただし、突発性難聴での鍼灸治療は保険適用外となるため、どうしても鍼灸治療は高くなります。

そのため、興味があっても踏み出せない方は多いと思います。

私は踏み出せなかった一人です。

一度読んでみて興味があれば治療の幅を広める参考にし、興味がなければ読み飛ばし、次の章に進んでしまったほうが良いでしょう。

 

内容3:回復事例

  • 14例の回復事例の紹介
  • 中等度(聴力60db)~重症(聴力90db)の患者の事例
  • 初期症状・治療開始時期・治療法・治療後を具体的に記載
  • 完治しなかった例も紹介

 

突発性難聴にかかると、自分が本当に治るのか不安になり、他の人の回復事例を知りたくなります。

私自身がそうでした。

その点では、14例の回復事例が紹介されているので、かなりまとまった回復記録を知ることができます。

内容も、初期症状(聴力・耳鳴りなど)から、治療開始時期・治療方法・最終的な聴力と具体的に書かれているので、自分と近い状況の方の回復事例に出会える可能性が高いです。

 

なお、紹介されている事例の大部分は、重症患者の方の回復事例です。

また、治療結果は正直に紹介されており、完治した事例だけでなく、ある程度の回復で終わった事例も紹介されています。

  • こんなに悪い状態でも完治したのか!
  • ここまでの回復で終わることがあるのか⤵

希望と将来への覚悟を持つきっかけになると思います。

 

なお、私の突発性難聴の回復記録を次の記事で紹介しているので、気になる方は参考にしてください。

典型的な重症患者の回復記録を、聴力検査の結果も見せながら、具体的に紹介しています

https://www.tm-life-agent.com/entry/hearing-loss-healing

 


突発性難聴 完全攻略マニュアル―耳鳴・難聴・めまいは治ります!

内容4:
日常生活の注意点と工夫

突発性難聴の患者にとって1番気になる『日常生活の注意点と工夫』。

これについては、かなり幅広く紹介されており、次の7つのテーマが紹介されています。

  1. 入浴方法
  2. 運動についてとストレッチ
  3. 耳鳴り対策法
  4. 睡眠(時間・寝具)
  5. 飲み物
  6. 服装
  7. サプリメント

 

紹介されているテーマを見れば、普段の日常生活で絶対に欠かせない内容について、しっかり触れられていることがわかると思います。

突発性難聴の治療中は絶対安静が基本です。

軽度であっても、油断は禁物です!

その絶対安静の生活において、恐らくここに書いてある内容で足りない情報はないと思います。

 

そして、どの内容についても、

  • やってはいけないこと・注意点
  • 推奨される方法

の2つが必ずセットで解説されているので、とても行動に移しやすいです。

あえて行動しにくい内容があるとすると、耳鳴り対策くらいでしょうか。

この本で紹介されている耳鳴り対策は、楽器などが必要になるため、誰でも気軽にできる方法ではありません。

正直私は、ここで紹介されている耳鳴り対策を具体的にどうやれば良いのかわからず、行動しませんでした。

 

ただし、耳鳴り対策以外は、誰でもすぐに始められる内容ばかりです。

特別に準備するものや、特別な環境などが不要なものばかりです。

本を読んで実行に移すまでのやりやすさという点で、即効性のある内容が充実しているというのが、私の感想です。

なお、ここで紹介されている注意点を治療中にやってしまった!というのが、私の後悔です。

 


突発性難聴 完全攻略マニュアル―耳鳴・難聴・めまいは治ります!

内容5:食事の注意点と工夫

先ほどの日常生活の工夫に加えて、食事は別章で細かく注意点などが紹介されています。

具体的には次の4つ。

  1. 避けるべき食べ物
  2. 推奨される食べ物
  3. 調味料の注意点
  4. 調理法

 

この4項目を見ただけでも、食事についてかなり細かく書かれていることが想像できます。

どのくらい細かく書かれているのか?と言うと、私のように自分で料理をしない人にとっては、全てが実践できないくらいの情報量です。

逆に、自分で料理される方にとっては、突発性難聴の治療にかなり気を配った食事を実践できると思います。

 

ただし、自分で料理しない人でも、食材選びであれば実践可能だと思うので、損する内容ではありません。

 


突発性難聴 完全攻略マニュアル―耳鳴・難聴・めまいは治ります!

 

まとめ

  • 突発性難聴の詳細な回復事例を知りたい人
  • 日常生活でできる工夫を知りたい人
  • 日常生活の注意点を知りたい人

 

これに該当する方にとって『突発性難聴 完全攻略マニュアル』は、有益な情報を1冊でまとめて知ることができる良い本だと思います。

東洋医学に偏っている・文章が多少読みにくい、という難点はありますが、突発性難聴の治療中において、自分で実践できる有益な情報はしっかり書かれていますので損はしません。

 

私は聴力の回復が止まった後に、ワラにすがる気持ちで購入しましたが、日常生活の注意点や聴力の回復に役立つ情報が効果を発揮するのは本格的な治療中です。

早めに買っておけばと後悔しています。

突発性難聴の治療は時間勝負なので、今できることがあれば積極的に試し、私のように、あとあと後悔することがないよう、やり切ることが重要だと思います。

しっかりやり切れれば、回復結果が完治であろうが、なかろうが、真っすぐに結果と向き合えると思います。

この本の内容が同じ突発性難聴で闘っている方の参考になることを願っています。

 


突発性難聴 完全攻略マニュアル―耳鳴・難聴・めまいは治ります!