初心者庁 生活局

初心者庁 生活局

誰もが経験する身近な生活に関する情報を発信。ポリシーはGood LIFE。冠婚葬祭から日用品・健康・娯楽など、幅広く生活に関するポジティブ情報を発信していきます。

【体験談】突発性難聴での入院 - 期間・治療・費用・生活 -

入院

突発性難聴は、早期の治療開始が完治を目指すうえで重要です

さらに、耳が聞こえない状態で普段の日常生活を行うと、損傷した耳に負担がかかります。

そのため、絶対安静が必要で、突発性難聴の初期における最適な治療は入院です

 

しかし入院と聞くと、

  • 入院はどれくらいかかるのか?
  • 入院費用はいくらかかるのか?

といった不安が、どうしても付きまとうものです。

 

そこで今回、重度の突発性難聴で入院した私が、

  • 実際の入院期間
  • 実際にかかった入院費用(領収書で紹介)
  • 入院中の治療・生活

をご紹介します

 

 

突発性難聴の入院期間

1週間が標準

 

突発性難聴では、手術などの大掛かりな治療は不要です。

そのため、入院期間はそこまで長くなりません。

具体的な治療については後で触れますが、基本的にはステロイドという薬の点滴を1日1回行うだけです。

この点滴と聴力検査のためだけに入院するといってよいでしょう。

※安静に過ごす、という目的もあります。

 

特に突発性難聴は、発症から早期の治療開始が重要です

その理由を次の記事で紹介しているので、是非参考にしてください。

www.tm-life-agent.com

 

具体的な治療は、初期段階で薬の量が多い点滴から始め、そこから徐々に薬の量を減らし、退院後は自宅療養と薬の服用という流れで治療が進みます

 

特別な事情がない限り、入院期間は長くて1週間といってよいでしょう

実際に私の入院期間は1週間ピッタシでした。

 

突発性難聴の入院期間中の治療と生活

突発性難聴患者の入院中の生活について具体的に触れていきます。

けっこう地味で、かなり暇な時間を過ごすことになりますよ。

 

突発性難聴の治療

治療

  • 1日1回のステロイド点滴(1時間程度)
  • 1日1回の診察(土日・祝日除く)
  • 毎食後の内服薬
  • 2日1回で聴力検査

 

突発性難聴の原因は不明ですが、ステロイドというホルモンが有効であることが知られています。

そのため、1日1回、ステロイドを1時間程度、点滴します。

 

また、ステロイドだけではなく、神経細胞の回復を促すために、次のような薬を毎食後に服用します。

なお、薬によくある胃への負担を減らすために、胃炎を防ぐ薬も服用します。

これは入院期間だけでなく、自宅での療養中でも同様です。

 

メコバラミン

効果

神経細胞の回復を促す

 

メコバラミンの作用と副作用

 

アデホスコーワ顆粒

効果

抹消神経の血流を良くする

 

アデホスコーワ顆粒の作用と副作用

 

レバミピド錠

効果

胃の保護

 

レバミピド錠の作用と副作用

 

突発性難聴の入院中の生活

  • 決められた時間の点滴・診察・検査以外、何もなし
  • 外来の区域を歩くときはマスク着用
  • 手洗い・うがいはこまめに

 

か・な・り、暇です!

しかし、突発性難聴の原因が、

  • 疲労の蓄積
  • 過度なストレス
  • 生活習慣の乱れ・睡眠不足

と言われていることを考えると、何もしないのが良いのでしょう。

 

事実、退院後で現在、自宅療養中の私は、実家での会話・テレビといった音に触れる機会が多く、夜9時くらいになると疲労で頭痛が発生する始末です・・・

軽く外の音を拾いながらも、なるべく耳に負担を与えないのが重要です。

 

そんな暇な入院だからこそ、軽く散歩をしたくなります。

別に散歩をしなくても、病院内のお店で買い物をすることはあるでしょう。

そこで注意点があります!

 

その注意点は、

ステロイドの副作用で感染症にかかりやすくなる

です!

 

入院棟は隔離されているので、入院患者・面会人以外の人と出会うことはほぼありません。

しかし、外来患者が行き交う場所に赴くと、何かしらの病気をもらう可能性があります。

病院は病気で困っている人が集まる場所なので、当たり前ですね。

 

恥ずかしながら私は、散歩が好きで、外来患者が行き交う場所もウロウロしていたのですが、入院4日目の夜に突如40℃の高熱を発症してしまいました!

耳鳴りと耳閉感が極端にひどくなり、頭が割れそうな地獄を味わいました。

 

何を治すために入院しているのか?

 

正直、訳がわからなくなる始末でした。

このため、自分がインフルエンザなどの感染症にうつりやすい状況だという自覚は持っておきましょう!

 

突発性難聴の入院費用

費用

  • DPC計算方式で、1日あたりの費用はほぼ確定
  • 1週間で約10万円

 

DPC計算方式という聞きなれない用語が登場しました。

平たく言うと、次のような意味です。

 

DPC計算方式での診療費

  • 特定の病気にかかる1日あたりの費用が決まっている
  • 費用は診察・薬代・検査代込み
  • 特別な診療、差額ベッド代、食事費用は別

 

DPC計算方式の診療費

 

サブスク(定額サービス)と思って良いでしょう!

要は、治療に必要な費用は1日あたり定額ですよ!ってことです。

当然、突発性難聴に関わらない診療や、少人数の部屋を希望した場合の部屋代、食事代、衣類などのレンタル料は別です。

 

※差額ベッド代(追加費用)

  • 大部屋はなし(私は6人部屋)
  • 3人部屋は3千円/日
  • 1人部屋は2万円/日(どんだけ高級ホテル??)

 

つまり、余計なことがなければ、ほぼ金額は決まっているということです。

 

さて、私の1週間の入院でかかった費用の領収書をご紹介!

1月と2月をまたいでるので、2枚で厄介ですが、合計95330円です!

 

入院費用の領収書1

入院費用の領収書2

 

まとめと反省

  • 突発性難聴の入院期間は1週間
  • 入院費用は約10万円
  • 入院中はやることがほぼない
  • 反省:医療保険に入っておくべきだった・・・

 

手術がないため、格段に高額というわけではありません。

ただし、突然の病気に備えて医療保険に入っていなかったことは、正直悔やまれます

人生を甘く見ていました。

もし、今の保険の加入状況に不安があるならば、一度検討することをお勧めします

無料保険相談

 

また、治療面では、ステロイドの副作用には注意が必要です。

しかし、取り立てて難しい治療はありません。

そのため、いかに安静して過ごすか?に十分に専念しましょう。

 

なお、突発性難聴に関する話を、次の記事で紹介しています

 

突発性難聴の治療開始からの回復履歴 

www.tm-life-agent.com

 

傷病手当金による給与保障 

www.tm-life-agent.com

 

入院するときに持っていきたいもの9選

www.tm-life-agent.com