初心者庁 生活局

初心者庁 生活局

誰もが経験する身近な生活に関する情報を発信。ポリシーはGood LIFE。冠婚葬祭から日用品・健康・娯楽など、幅広く生活に関するポジティブ情報を発信していきます。

初心者がミカンの木を強剪定で切り詰めてみた - 剪定すべき枝と切り方 -

剪定前のミカンの木

3月になると気温も暖かくなり、衣替えの季節を感じ始めます。

それと同じく、ミカンの木も3月は衣替えの季節

 

ミカンの木は、庭に緑の景観を与えるだけでなく、果物としてミカンの実を作ってくれるので、見た目的にも、お腹的にも人気のある植木の1つです。

そんなミカンの木も、冬に実を結んだあとの4月には新芽が出てきます。

そこで、新芽を迎える前の2月~3月がミカンの木の剪定に適した、まさに衣替えの季節と言えます。

 

この剪定を怠ると、素敵なミカンの木も散々なことに。

  • 枝や葉が伸び散らかって、外観が悪くなる
  • 日当たり・風通しが悪くなり、木の成長を妨げる
  • 高く伸び切ってしまうと、剪定しようにも手が届かなくなる

 

そこで今回、初心者の私が自宅のミカンの木を思い切って強剪定し、枝をかなり切り詰めました。

その結果がコチラ!

 

剪定前後のミカンの木の外観

 

母親からは『切りすぎだ!』と怒られましたが・・・

しかし、自分の身長より高く伸びすぎて手入れしにくくなる将来を考えると、どこかで強剪定で木の大きさを抑えることは重要です。

 

そこで私が行ったミカンの木の強剪定にあたって、

  • どんな枝を切るべきか?
  • 剪定するときの工夫

について、参考ネタをご紹介します。

 

 

剪定すべき枝(忌み枝)TOP3

剪定すべき枝は一般的に決まっています。

『忌み嫌われる』にも使われる嫌な言葉『忌み』を使って『忌み枝』と呼ばれます。

この忌み枝は10種類以上もあるので、初心者には覚えるのも、見分けるのも難しいです。

 

しかし、そんな忌み枝の中でも、植木の見た目・手入れを通じた私個人の実感から、まず剪定すべき忌み枝TOP3をご紹介

この3種類の忌み枝を剪定するだけでも、植木の見た目はかなり改善されますよ♩

 

忌み枝1位:立ち枝・徒長枝

  • 枝の途中から垂直に伸びる枝
  • 放置すると、植木の最上部まで成長する
  • 枝と枝の合間を縫って成長するので、枝が混雑する
  • 伸びすぎると手が届かなくなり、手入れがかなり厄介

 

立ち枝と徒長枝は、専門的には区別されます。

しかし素人はそこまで気にする必要はなく、『やたら縦に伸びまくる枝』と捉えてしまえばOKです。

では、図と写真で立ち枝・徒長(とちょう)枝という敵を確認しましょう。

 

立ち枝・徒長枝の見た目


素人でも見た目一発で区別できます。

庭の植木や、街路樹をよく見ると、垂直に伸びている枝で簡単に発見できますよ。

この枝は日光に当たろうとしてドンドン上に伸びていき、上の写真の大人状態では、木の下の方から最上部まで伸び切り、長さ1.5mほどにもなっています。

このように、木の上からだけでなく、かなり下側からも上へ突き抜ける性格上、枝が混雑し、高さの点でも手入れが厄介です。

 

忌み枝2位:逆さ枝

  • 枝の途中から、まったく逆向きに伸びる枝
  • 他の枝と交差するので枝が混雑する

 

枝の反抗期です。

またはバンドの解散理由に多い方向性の違いが、植木の中で起こっています。

逆さ枝の具体的なイメージは次のとおり。

 

逆さ枝のイメージ図

 

これも、植木の内部で枝がかなり混雑する原因となります。

普通、枝は幹から外側にほうき状に広がっていきますが、枝の途中から幹側に向かって逆行して成長します。

下手に長く伸びてしまうと、他の枝と絡まるだけでなく、他の枝の成長の向きも曲がってしまいます

 

忌み枝3位:車枝

  • 枝の1点から四方に何本も生える枝
  • 枝と葉の密度が高くなり、光当たりと風通しが悪くなる

 

双子・三つ子・四つ子です。

具体的なイメージは次のとおり。

 

車枝のイメージ図

 

車枝は、枝の先端部分によく見られます。

枝がある1点から扇状に広がり、その車枝から葉が生えるとボンボンのような見た目になります。

緑豊かな雰囲気を見せてくれますが、枝と葉がかなりの密度で集まるので、日当たりも悪くなり、虫食いなどの弊害が起こりやすくなります

 

 

ちなみに、これら3つの忌み枝とそれになる葉っぱは、大体が日当たりが悪くなるため、害虫『カイガラムシ』に食われることが多いです。

カイガラムシの卵の見た目は白いツブツブで、見た目一発で食われていることがわかります。

参考写真がこちら。

 

カイガラムシの卵

 

実際に剪定すると、特に徒長枝・車枝の葉っぱは、かなり食われています。

このような害虫からミカンの木を守るためにも、忌み枝の剪定は非常に重要です。

 

 

さて、以上の3つの忌み枝が、初心者にもわかりやすく、植木の外観を整えやすい剪定対象ですが、肝心の枝の剪定のやり方2種類を説明してきます。

 

2種類の枝の剪定のやり方

切り返し剪定

  • 枝の長さ調整のために、枝の途中で切る方法
  • 芽の直前で不要部分を切り落とす
  • 将来的に、また枝が伸びることを期待する枝に使う
  • 忌み枝以外で長さ調整したい枝に活用

 

間引き剪定

  • 不要な枝を根本から切り落とす方法
  • 将来的な枝の再成長を期待しない枝に使う
  • 忌み枝を中心に、完全に枝を無くしたいときに活用

 

イメージ図で理解した方が早いので、下の図を参考に。

 

切り返し剪定と間引き剪定の違い

 

こんな形で、忌み枝など完全に取り去りたい枝には間引き剪定を行い、大きさを整えたい枝には切り返し剪定を使い分けます。

 

 

では、剪定対象とやり方がわかったうえで、剪定に必要となる道具を4つご紹介。

 

剪定に用意しておく4つの道具

  1. 葉切りバサミ
  2. 枝切りバサミ・高枝切りバサミ
  3. ノコギリ
  4. 高枝切りバサミ・チェーンソー

 

剪定するときは、剪定する枝の太さで道具の使い分けが必要です。

細い枝や若芽に太い刃やノコギリを使っても、切り口がダレて切れません。

逆に、太い枝に細い刃を使っても、当然切れません。

 

太さに応じて最低限3種類、高い場所対応に2種類あると最適です。

各道具の用途を、大体の太さ別に分類すると、次のようになります。

 

剪定に使う道具の、枝の太さ別の分類
 

これは実際に私が実家にあったもので、今ではもっと高性能な道具があります。

しかし、枝の太さに応じて、最低限3種、そして高い場所用に2種あると、かなり剪定しやすくなると思います。

 

私は、亡くなった親父が使っていた道具を使いましたが、

高枝チェーンソー

これは、しばらく手を入れず、枝が太くなった高所対応として手元に置いておきたい1品だと思いました。

 

山善(YAMAZEN) 10.8V 充電式 高枝切りガーデンポールソー ポール高さ3段階調整 日本製刃使用 (着脱式ポール) (コードレス) LPS-1025OR

 

高い場所で、ハシゴなど不安定な状況でチェーンソーを扱うのは、初心者には危険です。

そもそも、ノコギリ作業も体力と安定性の面で厳しいです。

コードで作業を制限されないコードレスチェーンソーがあると、剪定の自由度がかなり上がりますよ♩

 

 

さて、道具が揃ったら、後は不要な枝を剪定していくだけですが、実際に私が作業をして思った工夫のしどころを紹介していきます。

 

植木の剪定の工夫

初心者は、まずどこから植木を剪定すればよいのか?の判断が難しいです。

実際に私自身が作業していても迷うことは非常に多かったです。

そこで、植木の剪定に慣れていない場合は、次のことを意識してみてはいかがでしょうか?

 

1:外周部から剪定する

  • 植木の内側は枝と葉でかなり混雑している
  • 徐々に内側に入れるように、外側から不要な枝葉を剪定する
  • 車枝や平行枝を中心に剪定していく

 

植木の内側を一度見てみてください。

すると、植木の内側は忌み枝もあり、かなり混み入っていることに気づきます。

この状態で内側を処理しようとすると、

  • 不要な枝の区別がつきにくい
  • 剪定の道具を内側に入れられない

という状況になります。

 

そこで、自分が内部に近づけるように外周部から剪定を攻めていきましょう。

戦国時代でいうところの、外堀を埋める、です。

 

まずは枝葉の多い車枝・伸び切った枝を剪定し、外周部からスリム化していきます。

そうすると、徐々に植木の内部が見えるようになります。

グルリと一周回るように、外周部の不要枝を剪定していきましょう。

 

なお、剪定をためらう枝があれば、残すか、軽く切り返し、

一気に剪定を完了させず、後で追加処理する

という気持ちで臨んでいけば良いと思います。

 

これは次の工夫にそのまま通じます。

 

2:一気に終えようとせず、徐々に短くする

  • 忌み枝は、間引き剪定で一気に剪定してよい
  • 徐々に短くすると、全体と細部の状況をより把握できる
  • 作業のたびに植木から離れて、全体像などを見て、次の剪定対象を見つける

 

一気に、または一日で作業を終えようとせず、徐々に剪定していくことで、本当に不要な枝を発見しやすくなります

特に、内側の枝を剪定する場面になると、

  1. 外側から『あ、この枝を切ろう』と内側に移動
  2. 内側から見ると、どの枝か?見失う

ということが、ザラにあります。

 

忌み枝は、結構厄介な枝の交差関係になるので、発見したら間引き剪定で一気に処分すると、全体像がわかりやすくなります。

一方、忌み枝以外の枝や葉は、徐々に切り詰めて、状況を見極めながら剪定すると、やりすぎを防ぐことができます。

 

そして何より、一気に作業するのは体力が必要です・・・

その点も踏まえて、徐々に剪定し、植木を放置しない、ということを大事にすれば、作業の分だけ、作業量と見極めが楽になりますので、気長に大事な植木を整えていきましょう。

 

ちなみに、今回ご紹介したミカンの木の剪定も1週間くらいかけて、徐々に作業していきましたので。

 

まとめ

忌み枝は気づいたタイミングで少しずつ剪定していけば、多大な作業は不要ですが、最初は労力が必要です。

生命の宿った枝なので、剪定にも体力が必要ですし、不要に切りすぎるのも、植木に負担がかかります。

 

まずは、植木の外観・健康を保つために剪定すべき優先順位を大事にしましょう。

切るべき枝、忌み枝は思い切って切っていきましょう。

そして、混み入った場所は少しずつ間引いていきましょう。

 

その繰り返しで、1回の作業が10分単位の手入れで済む、植木の手入れにつながると思います。

庭を彩ってくれている植木を大事に、日々手入れをしていきましょう♩