生活の羅針盤

筆者が実際に体験した経験をもとに『生活に役立つ参考情報』を多ジャンルで紹介する雑記ブログ

初心者が『1年前のジャガイモ』を種芋にして育成してみた - 植え付け編 -

ジャガイモ

 

埼玉県は日本の中でも暑すぎず、寒すぎない中間地。

埼玉県の熊谷市は暑さで有名ですが、平均気温では中間的な気候と言えるでしょう。

 

そんな中間地において2月中旬~3月上旬は、身近な野菜『ジャガイモ』の植え付け時期です。

 

突発性難聴により、実家で療養中で暇をしている私ですが、あまりにも暇なので、実家の畑でジャガイモ育成にチャレンジ。

 

亡くなった親父と同居の母は、ジャガイモ育成の経験者。

野菜作りの本の情報と、実家の過去の経験を参考に、

ど素人の私がジャガイモ育成に挑戦したので、1つの参考情報としてご紹介します

 

成功しても、失敗しても、どちらでも参考となるでしょう♩

私が失敗したら、私のやり方を反面教師にしてください!

 

なお、手持ちの道具の都合、野菜作りの本と実家の経験の中間的な方法を採用しました。

そのため、

徹底ではなく誰でもできる気軽な方法と思ってください。

 

では、肝心のジャガイモ育成の条件

  • 昨年の6月(9カ月前)に収穫したジャガイモを種芋にする
  • 植え付け日は2020年3月6日
  • 肥料関係は堆肥のみ

以上。

 

 

種芋の準備 -去年のジャガイモを利用-

  • 昨年の収穫から2回ほど芽掻きをしたジャガイモを利用
  • 握りこぶし半分くらいの大きさに切る
  • 芽が出にくい根本から、目が出やすい先端に向けて左右均等に切る

 

約1年前に収穫したジャガイモは冷暗所に保管しておきます。

その間も徐々に芽が出てくるので、間を見て『芽の長さが2~3mm』程度の長さになるように切っておきます(芽掻き)。

 

そして、そんな種芋も大きさがさまざまです。

小さいものは、そのまま植え付けても良いですが、大きいものはカットし、大きさを調整します。

大きさは、握りこぶしの約半分程度

 

このときの切り方に注意

 

ジャガイモは根本ほど芽が出ず、先端ほど芽がでやすい特徴があります。

そこで、根本から先端に向けて均等に芽が出やすいようにカットすると、万遍なく芽が出る種芋になります。

逆に、種芋の根本と先端の真ん中で分離するように切ってしまうと、片方の種芋からは芽が出てこなくなります。

 

実際の種芋の写真でご紹介します。

こんなシワシワの種芋で大丈夫か非常に心配ですが、今回は初トライということで。

 

ジャガイモの種芋と切り方

 

こんな感じで畑に植え付ける種芋を準備します。

 

なお、私はやっておりませんが、実家で昔からやっている種芋の追加処理がありますので、ご紹介。

 

種芋を腐らせない工夫

草木灰を切り口にまぶし、水分で種芋が傷まないようにする

 

草木灰(そうもくばい)は、読んで字のごとく『灰』で、ホームセンターなどで簡単に手に入れることができます。

これを種芋の断面にまぶすと、過剰な水分で切り口から腐るのを防げます。

私の実家では毎回やる作業ですが、たまたま草木灰が手元にありませんでした。

そして、参考にした野菜作りの本にも書いていなかったため、今回は『草木灰なしで挑戦』しました。

もし、より成功率を高めたい方は、草木灰を利用してみてはいかがでしょうか?

 

畑の準備

  • クワなどで種芋を植え付ける10cm深さの溝を掘る
  • 掘った土は後で被せるために、溝の両側に盛っておく

 

種芋を植えるための溝を作ります。

溝を作る前に耕運機で、土をほぐしておくとよいでしょう。

 

溝の深さは大体10cm程度で十分です。

私の実例写真がこんな感じ。

 

ジャガイモの畑づくり

 

先端が三角形のクワを使いましたが、先端が長方形のクワの方が、きれいな溝が掘れると思います。

まぁ、今回はお試しもあるので、これでよしとしましたが・・・

 

なお、耕運直後の写真の左側にある足跡は、後でジャガイモの種芋を植え付ける間隔を計るためのものです。

 

という感じで、種芋を植え付ける溝を作りましょう♩

 

ジャガイモの種芋の植え付け

  • 切り口を下にして25cm間隔で溝に置いていく
  • 種芋の間に堆肥を適宜まぶしていく
  • 溝の両側の土を7cm程度被せて終了

 

溝ができたら、25cmほどの間隔を置いて種芋を置いていきます

私の場合、靴のサイズが大体27cmなので、足跡をつけながら1つずつ置いていきました。

 

その際、種芋の切り口を下に向けて置き、切り口に水分がたまって腐るのを防ぎます

 

そして、栄養となる堆肥を種芋同士の間に適宜置いていきます

私は3握り程度の堆肥を置いていきました。

 

その写真とイメージ図がこちら。

 

ジャガイモの植え付け写真

 

私の実家の畑は下の土が固いです。

そこで、下方向の成長というよりも、横方向の成長を期待してます。

そこで、栄養となる堆肥をこんな感じで、種芋の横に入れています。

 

種芋を植え付けたら、後は上から土を7cm程度被せ、上から軽くトントンと叩いて終了です。

 

なお、野菜作りの本で肥料を徹底する場合には、次のようなやり方が紹介されていました。

種芋の下側に肥料をまぶす方法で、1つの参考にしてみてください。

使うのは堆肥と化成肥料の2種類。

  • 1mあたり『堆肥3握り・化成肥料を大さじ4杯』程度まく
  • 上から7cm程度土を被せてから、種芋を植え付ける
  • 追加肥料なし

 

堆肥と化成肥料を使ったジャガイモの土壌づくり

 

こんなやり方もあるらしいので、参考にしてみてください♩

 

なお、種芋に肥料を直接接触させてしまうと、肥料焼けで種芋がダメになってしまう可能性があるので注意してください。

 

ちなみに私が参考にした野菜作りの本は、

『はじめての野菜づくり12カ月』

という本です。

イラストでシンプルに収穫までの流れを説明していて、素人でもとてもわかりやすい一冊でした。

 

植え付け後の手入れ

  • 水やりなどは不要
  • 約1ヵ月ほどで芽が地中から頭を出すのを待つ

 

種芋が、切り口から水分で腐ってしまう話は植え付けで触れました。

そのため、植え付け後に水やりする必要はありません。

ただひたすら、無事に芽が出てくることを祈って1ヵ月ほど待ちましょう。

 

なお、私の作付け状況はBad Conditionでした。

  • 種芋の切り口に草木灰をまぶしていない
  • 植え付け直後の2日間で強い雨が降り、水分過多の状況
  • 2日間の雨による水分で種芋が腐ってしまったかも

 

ジャガイモ育成に失敗した時の備忘録として記録しておきますが、天候情報は気にしておきましょう。

  • 植え付け直後の強雨
  • 植え付け直後の連日の雨 

が予報されているときは、一度、植え付けを見送る方が無難だと思います。 

 

まとめ

ジャガイモの種芋を植え付けてから3週間経った2020年3月26日。

植え付けた種芋25株中、3株から芽が出て、地表に顔を出してくれました。

今年は気温が高かったこともあり、植え付けから3週間で芽が出る早さです。

 

ジャガイモの新芽1
ジャガイモの新芽2
ジャガイモの新芽3

 

翌日には、さらに2株から芽が出ていました♩

 

自分で食べるものを、自分で作る

 

普段動かさない体の運動も兼ねて、土とたわむれ、自給自足するのも面白い趣味の1つだと思います。

 

最初から上手くいくとは限りません。

しかし、仮に失敗しても、それを経験にして、次は改良を加えていく。

何事も同じですが、その繰り返しだと思っています。

 

特に野菜は、土の性質も強く影響します。

自分の菜園で、満足のいく野菜作りを実現するためには、ベストな答えを知る前に、色々試してみるのもアリだと思います。

 

土いじりは気持ちの良いものなので、これを機に何か育ててみてはいかがでしょうか?