生活の羅針盤

筆者が実際に体験した経験をもとに『生活に役立つ参考情報』を多ジャンルで紹介する雑記ブログ

【退職者が語る】友人から起業に誘われて失敗しないために考える『6つのポイント』

友人から起業に誘われたときに失敗しないために考えたい6つのポイント

昔に比べて会社を作りやすくなった今、気の知れた友人同士で会社を起業する人が増えています。

しかし、ネットを調べると、人間関係のトラブルなどの理由で起業に失敗した事例を多く見つけます。

かくいう私も、大学時代からの友人の誘いで会社を起業しましたが、会社設立6年で会社を離れました。

大きな人間関係のトラブルや事業の失敗が退職の理由ではありません。

退職した1番の理由は、起業前に描いていた想像と、その後の現実とのギャップに耐えられなくなったことです。

さらにストレスと疲労から、突発性難聴で右耳の聴力を失ってしまったのも理由の1つです。

なお、起業した事業を継続できなかったことへの後悔はありません。

これは私が起業を決断したことによる結果なので、しっかりとその事実を受け止めています。

ただし、起業を決断する前にもっと考えるべきだった、という点で失敗したと思っています。

 

本記事では『友人から起業を誘われたときに失敗しないために考えたい6つのポイント』を紹介します。

これは、昔の自分に言い聞かせたい内容です。

本記事の内容は、他の記事ではあまり見られない考え方であり、私の経験から非常に重要なものだと思っています。

友人から起業を誘われ決断に迷っている方は、本記事の内容を参考に1度真剣に考えてから決断してください。

 

 

友人に起業を誘われて
失敗する原因

6つのポイントの説明の前に、友人から起業を誘われたときの罠、つまり自分が将来挫折する原因となる2つのポイントを押さえておきます。

 

友人から起業を誘われて
抱いてはいけない2つの考え

  1. 新しい挑戦(夢・希望)という魅力ばかりに目がいき、将来の不安要素に目を向けない
    ※起業後に待ち構える苦労・将来の自分を明確に想像しない
  2. 友人という仲間に対して、普段の付き合い感覚の根拠ない安心感
    ※仕事はビジネスで、友人とは今までと違う付き合い方になる現実

 

この2つは、どちらも魅力的なので、どうしても将来の不都合な現実に盲目的になります。

この将来の現実をどれだけ具体的に想像しておくか?が失敗しない起業の決断につながると思っておきましょう

 

友人との起業で考える
6つのポイント

大きく分けて、次の3つの観点で考えます。

  1. 自分自身に対する問いかけ
  2. 友人と仕事をすることへの問いかけ
  3. 起業後の生活に対する問いかけ

 

1:今の仕事・立場の満足度と将来像を考える

  • 起業は、今の仕事・立場・将来を捨てる価値がありますか?

 

会社で働いていれば多少なりとも不満を抱くのは自然で、まったく不満を持たない人は数少ないでしょう。

そんな不満は、友人と起業した後でも十分に起こりえます

しかし、新しいことに挑戦する・仕事仲間が友人という魅力が、

  • 今の仕事や立場に対しての不満を加速させる
  • 起業後に生まれるだろう不満を考えなくさせる

ことを起こします。

 

今の職を一度離れると、そこで築いてきた人間関係やスキルアップの機会を失います

そして、起業して時間を過ごすほど、再復帰は難しくなります。

特に私のように異業種で起業するとなおさらです。

多少の不満を持っていても、今の立場の将来に魅力を感じるものがあるかを、次に説明する2つ目のポイントと合わせて判断することが重要です。

 

私の体験談

もともと私は、半導体メーカーの有機材料の開発エンジニアでした。

会社への不満はありましたが、同期の中では一番早く出世しており、もともと化学系の職種でものづくりをしたいと考えていたので、仕事環境として劣悪だったわけではありません。

しかし、友人と学習塾という異業種を起業することで、もともと望んでいたエンジニアの復帰が難しくなりました。

 

何故、起業を決めたのか?

  • 今の会社への不満
  • 起業後に私に与えられる業務内容に自信があった

という2点で、非常に安易です。

この安易な考えを持った理由は、1つは私が浅はかだったこと、もう1つは起業という挑戦へのあこがれです。

ここには、起業後に生まれる不満要素や、起業後の業務が将来的にどうなるか?などの未来予測が何もありません。

これでは、将来起こる不都合に対する覚悟を持ち合わせていないので、仕事を続けられる可能性が大分低くなると言えるでしょう。

 

2:起業するビジネスで磨かれるスキルは?

  • 起業後に得られるスキルは本当に欲しいものか?
  • 起業は人助けではなく、自分が主役と思うこと

 

先ほど触れたように、私は『今の自分にできること』を重視してしまいました。

しかし、本当に重要なことは『起業したあとに自分に残るスキルは何か?』です。

起業は1つの貴重な経験ですが、これだけでは人生において不十分です。

 

今までの自分の環境を捨ててまで起業するのであれば、

  • そこで磨かれるスキルは何か?
  • それは自分が本当に欲しいスキルなのか?

をしっかりと明確にして、自分の人生の目標にできるかを考えることが重要です

会社の目標ではなく、自分の人生目標です。

『やっておいて損はない』程度の考えは、絶対に後悔します。

それだけの高い目標が抱けなければ、起業しても、いずれは生活のための仕事になり、間違いなくモチベーションは下がります。

 

私の体験談

私が起業した学習塾で磨かれるスキルは『指導能力』や『生徒・親とのコミュニケーション能力』などでした。

しかし、私はエンジニアとして新しいものづくりをしたい希望があったため、学習塾におけるスキルは、本当に磨きたいスキルではありませんでした。

学校で教える内容はほぼ変わらないので、扱う題材は毎年同じ。

変化のない題材に対して、指導方法を工夫しつくすのは、ものづくりから離れすぎていて、何十年も続ける魅力を感じることはできませんでした。

魅力があったのは、最初の2~3年だけです。

 

3:起業するビジネスで起こる嫌なことを想像しつくす

  • 起業するビジネスで起こるトラブル・嫌なことと向き合うことは、あなたにとって価値がありますか?

どんなビジネスでもトラブルや嫌なことは起こります。

起業するビジネスで起こりうる嫌なことを想像しつくし、それと向き合うことに価値を感じるか?を徹底して考えましょう。

仲間同士のトラブル、お客様とのトラブルなど、思いつく限りです。

ネットでその業種の人の体験談などを検索すれば、どのようなトラブルが起こるのかを事前に知ることはできるでしょう。

 

起業直後は挑戦心から、嫌なことがあっても立ち向かえ、それを続けることで、嫌なことへの対処法は磨かれていくでしょう。

ただし、嫌なことを対処できることと、嫌なことを受け入れ続けられるは違います

対処できても、生理的に嫌なことに直面し続けたら苦痛以外の何物でもありません

 

例え話です。

自分に子どもができたとします。

赤ちゃんの面倒は手間がかかりますが、その対処法は徐々に磨かれるでしょう。

もし、赤ちゃんが永遠に赤ちゃんのままだったらどうでしょうか?

ある人は、自分の子どもなので、苦痛を感じず愛し続けることができるでしょう。

しかし、ある人は同じ状況が続くことにストレスを感じるでしょう。

 

業種によって、よく起こるトラブルや嫌なことは大体決まっており、完全に無くすことのできないものがあります(お客のクレーム対応など)。

このトラブルや嫌なことに、あなたが長い期間向き合い続けることに価値を感じますか?

生理的に無理なものは戦うべきではありません。

労力の無駄です。

これを事前にしっかり考えるだけで、こんなはずじゃなかったという後悔はかなり防げるでしょう。

 

私の体験談

私は高校生を対象にした学習塾を起業しました。

高校生なので、最低限の素行はあるだろうと起業前は思っていました。

しかし、いざ現実を見ると、ゴミは散らかすは、嘘は平気でつくは、カンニングはするは、で想像よりもかなりひどかったです。

そして、学校の先生も苦労している面倒な親御さん対応もかなり苦痛でした。

これが1回で解決すれば問題ありません。

しかし、学習塾の場合は、毎年生徒が入れ替わります。

生徒の素行を指導して直しても、素行の悪い生徒が毎年新しく入ってきます。

そして、面倒な親御さんも生徒と同じように入れ替わりで現れます。

この永遠に続く『自分が不快に思うもの(付き合いたくないもの)』と向き合い続ける生活は無理でした。

生徒の成績を上げることばかりを意識してしまい、生徒の生活指導や面倒な親御さん対応が毎年続くことは、起業前に想像していませんでした。

この想像力の足りなさは愚かだったと思っています。

 

4:友人と結婚できるか想像する

普段の付き合いであれば、友人に嫌な思いを抱くことは少ないでしょう。

しかし、一緒に起業すると、結婚して同じ家に住むのと同じで、長時間同じ空間にいることになります。

交際相手と付き合っているときは幸せだが、いざ結婚すると仲が悪くなる話はよく聞きます。

これと同じで、今まで以上に友人のさまざまな姿を目の当たりにします。

もし、その友人の言動や行動などに不快さを覚えるようなものがあれば注意です。

幸せな状況ならば適当に流せますが、疲れている・トラブルが起こっているなど、悪い状況では、それがやたらと目につき、同じ空間でそれを味わい続けなければなりません。

不満を抱いているときほど、些細な言動・行動に腹を立てるようになります。

しかも、友人関係同士だから、遠慮する場面もあります。

同じ空間で一緒に長く仕事をするうえで、

  • 友人の言動・性格・行動の取り方で気になる点はありませんか?
  • それが不満やストレスのもとになりそうですか?
  • 仕事の進め方で問題が起こったときに、円滑に解決できそうですか?

結婚生活が成り立つか?です

人の性格はさまざまで、遊びでの相性と仕事での相性はまた別です。

この点を意識しておくのも重要でしょう。

 

5:起業において最低限の資金はあるか?

  • 当面の資金はしっかり確保できているのか?

起業資金がほぼ0の状態から駆け上がることは否定しません。

これは1つの大きな経験となるからです。

ただし、しばらくの間の生活、起業にあたって必要な運転資金が確保されていることは最低限確認しましょう。

これは、誰かから融資してもらう、という期待ではなく、今あるか?で判断すべきです。

 

お金がなければ、描いていたビジネスを前に進めることができません。

そして、無給という状態が長く続くことも精神衛生上、好ましくありません。

お金はトラブルのもとなので、人間関係が悪化する可能性があります。

収益を上げるビジネスモデルがあることは大前提として、起業後にお金ですぐに困らない状況かは確認しておきましょう。

 

私の体験談

私が友人と起業したときは、友人がある会社から融資をもらえるという前提でした。

しかし、いざ起業してみると、その会社から約束の融資がなかなか振り込まれず、一時は資金が足りず、私が150万円出すことになりました。

これが起業直後のストレス源になったのは事実です。

そして、起業してから半年以上は無給でした。

この点は大きなストレスではありませんでしたが、日に日に自分のお金がただ減っていくだけの生活に不安を抱いていたのは事実です。

このような些細な(?)不安も、ちょっとしたトラブルの元になるので避けるべきでしょう。

 

6:就業条件を明確に決めておく

  • 就業条件はあなたの生活に合っていますか?

起業直後は色々と忙しいので、休み返上は平気で起こります。

これは仕方がないことだと思っていますし、起業直後は頑張り時です。

ただし、友人関係の場合は、一緒に頑張っていき、状況が見えてきてからシフトを考えるなど、後回しで勤務条件を考えることがあります。

後で勤務条件を考えることは絶対にやめた方が良いです。

※後で修正はあり(仕方ない)

  • 勤務時間・休日・長期連休
  • 業務の流れなど

人によって希望するライフスタイルは異なります

これに合わない就業条件で仕事を続けることは不健全で、もめる原因に必ずなります

この就業条件を最初に明確にしておき、その生活に満足できるか?を明確にしましょう。

 

私の体験談

学習塾を立ち上げ直後は、生徒もいないので、休みなく毎日仕事でした。

その後、生徒がある程度集まり、学校のリズムに合わせ徐々に勤務シフトを決めていきました。

ただし、社員が少ない中で、今の現状に合うシフトを作ったため、無理くり休みを作ったような形になりました。

また、学校が休みの日は強制的に長時間労働になり、夏休みなどの長期休暇は朝早くから、夜遅くまでの働きっぱなしが続くという状況で、肉体的に疲弊しました。

学習塾ということを考えれば当たり前ですが、事前に決めておけば判断は変わったかもしれません。

さらに先ほど紹介した『私が生理的に嫌なもの』を長時間味わい続けることもあり、肉体的にも精神的にも疲弊し、最終的に辞める選択を選ぶことに至りました。

 

勤務条件と私が嫌に思うことを事前に想像できていなかったことが合わさった失敗です。

 

 

まとめ

  1. 今の仕事を続けた場合の未来像をしっかり考える
  2. 起業したときに得られる経験・スキルが自分の望むものか考える
  3. 起業する業種で起こるトラブル・嫌なことへの抵抗感を考える
  4. 友人と結婚できるか想像してみる
  5. 起業資金が確保されているか確認する
  6. 就業条件は最初に明確にする

 

友人との起業は、それ自体に魅力があるため、本当にその仕事をする価値があるのか?について盲目的になりがちです。

起業を判断するときに、自分が過ごす生活や仕事環境を具体的に想像し、自分の人生において価値があるかを見極めないと、必ず後悔することになります。

やって初めて気づくことがあるのは当然ですが、事前に色々なケースを想定しておいて損はありません。

 

自分の人生の大事な時間を使います。

その時間をかける価値をしっかり見出して決断を下すようにしましょう。